www.laalianzadelconverso.com

通常の経験の浅い方向けのFX投資の雑誌では、「マイナスになった場合はナンピンによってポジションのコストを下げることができる」とアドバイスしていたりする事もありますが正直それはリスクがあると考えます。まず最初に、ナンピン買いのやり方に関してごく簡単に説明します。仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いのためドル高に進むほど儲けを得られますが、反対に1ドルが95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。このままポジションを保持し続けたら、利益がでるためには、円高になった分、円安が進まなければならない。損失は出来るだけ早く取り戻したい考えます。このためはじめに取引したのと同額分の$(ドル)を95円で買い増しする。そうすると、ポジションの平均の買い付け単価は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。この結果、半分の幅で円安ドル高に推移すれば、赤字を失くすことが出来ます。こういったことがナンピンの方法です。ナンピン買いの原理をみると、「納得だ」と考えるが、外国為替市場はそう簡単には思うようにはいきません。最初から、1ドル=95円より下がらないとは誰にも想像できません。例として、相場がかなりの円高ドル安基調だとすると1ドル=95円では下げ止まることなく更に一段のドル安が進む可能性はあります。ひとつの例として、97.50円でナンピンをしたとしても、1ドル=95円まで円高になっとしたならばナンピン買いをした分についても為替差損が生まれてしまいます。そういう状況では一番初めに売買したドルと同時に、2倍の損が生まれます。この通り、ナンピンはややこしいです。であるなら、マーケットが自身の物語とは逆の方向にさっさと向う場合、どういう対策で危険を回避すればいいのでしょうか。そういう時には取れる道は多くはありません。まずひとつめは執着しないでポジションを閉じる事です。もうひとつの方法としては今、所有しているポジションを少なくする事によって、改めて為替相場が回復するのを動かないで待機する事です。主体性のない対策だとみる人もいるだろう。だけど、自分の持っている買いポジションに為替差損が生まれた時一番危険の少ない対策はこれよりいいものは期待できない。当然、ロジックとしてはナンピンを入れるという方法もありえます。だがしかしナンピン買いはあなた自身がマイナスになっているのに、買いポジションを小さくするどころか逆に買いポジションを積んでいく考え方です。この手法では、リスクを削減することなど、とても無理だと考えたほうがいいです。ナンピンを続ける事ができれば最終的には利益を上げられるかもしれません。しかし、それより前にお金が足りなくなってしまいます。

コンテンツメニュー