増やしていたポジション

為替介入(外国為替平衡操作)という言葉はご存知ですか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、報道番組、グーグル等の記事で注目した人も多いでしょう。

為替介入(外国為替平衡操作)といえば我が国の場合、・大臣(財務大臣)円相場の安定化を実現するように遂行する方策として位置づけられています。

要は、極度の円高もしくは円安が起こると財務大臣の用命により中央銀行である日銀が日本円の売買をして相場の安定を狙うことを言います。

為替介入はいくつかやり方があります。

1.単独介入・・・政府または中央銀行(日本銀行)が、東京での市場で自主的に市場に参加して介入を行なう。

2.協調介入・・・複数の銀行などが相談し、各通貨当局の持っているお金を利用して一斉にまたは随時外国為替平衡操作(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・外国の通貨当局へ外国為替平衡操作(為替介入)を委ねる。

4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局に代わって為替介入(外国為替市場介入)をする。

こういった種類があります。

どの種類の為替介入(外国為替市場介入)も一時的に、もしくは引き続いて為替の市場に大きいインパクトを与えるでしょう。

為替介入(外国為替平衡操作)の額は国の面子をかけているだけに段違いなのです。

円を基本にして説明すると、いつもは少しだけ変動する為替レートが一気に数円単位の変動をするのです。

個人で投資をしている方でしたら今までに経験があると思いますが、今までは含み益(もしくは含み損)を増やしていたポジションをキープしていたところで、保持している持ち高が決済したとのことで通達が外為の会社からEメールが届き。

儲けが出たのかな(損益が出たのかな)?と思いつつ決済後のデータを見たところ自らが思っていたものとは反対の事となり度肝を抜かれたとの事例がよくありました。

為替の介入が行なわれた場合に起こりがちななのです。

この例のように外国為替平衡操作(為替介入)を行うと為替の市場のトレンドと逆の動きをするものなのです。

それだけでなく変動する金の幅は非常に大きく変動するため注意しましょう。

コンテンツメニュー

    Link