持ちつつ住宅ローンなど

民事再生という選択肢は住宅のためのローンも含む多重債務に苦しむひとを対象として住居を維持しながら金銭的に再建するための法的機関による選択肢として施行された制度です。

民事再生という制度には、破産とは違って免責不許可となる要素がありませんので賭博などで借金したような場合においてもこの手続きは問題ないですし、破産宣告をした場合は業務が行えなくなる可能性がある業界で収入を得ている場合等でも手続きが可能です。

破産宣告では住宅を保有したままにすることは許されませんし任意整理等では元金自体は完済していくことが必要ですので、住宅ローンも返しながら払っていくのは実際問題として簡単ではないと思われます。

しかし、民事再生を選択できれば、住宅ローンなど以外での借金については相当な圧縮することが可能ですので余裕を持ちつつ住宅ローンなどを払いつつ他の借入金を支払っていくことが可能といえます。

しかしながら、民事再生という選択は任意整理や特定調停といった手続きとは異なりある部分のみの借金だけを切り取って手続きをすることはできませんし、破産手続きのように負債自体がなくなるということでもありません。

それから、他の選択肢と比較していくらかめんどうで時間もかかりますので、住宅ローンを持っていてマンションを維持していきたいような状況等以外で破産申告等他の方法がとれない時の手段としておいた方がいいでしょう。

コンテンツメニュー

    Link